ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

氷室開き

201671161921.jpg

2016年7月1日(金)

今日は氷室の節句の日です。昨日のニュースで氷室開きの様子が映っておりました。加賀百万石前田家が徳川幕府宗家に雪を献上した日です。なんとも贅沢なプレゼントですね。
ここ金沢では、この日に無病息災を願い、お饅頭を食べる風習は今も変わらず続いています。
節句の日は「ハレ」の食事。普段とは違うごちそうの日です。
今は贅沢になり、「ハレ」の日の食事はありませんが、このような風習は伝承していきたいものです。

石川県は茶道の文化、氷室の節句等で和菓子消費量も日本一だとか。私も氷室饅頭を一つ食べますかdelicious

 

野ぶき 平成28年

2016516141841.JPG

2016年5月16日(月)

本年度の【野ぶき】の原料入荷が本日より始りました。
毎年桜を見て山菜を食べて春を感じ、ゴールデンウィークが終わると野ぶきです。今年の収穫量がどうなるか気になるところですが、無駄なく良い商品にと思っております。

今日で熊本地震から1カ月。被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に、一日も早く復興されます様お祈り致します。
季節がら衛生管理・食中毒等にも気をつけてほしいと思います。ただただ願うばかりですconfident
 

 

 

 

 

 

お花見

201644162628.jpg

2016年4月4日(月)

週末はお花見日和でしたね。毎年のことながらこの時期は、全国何処においても桜の開花情報が気になり、出掛けたくなります。日本人の桜への思いは、他ならぬものがあるように思います。4月が一年の始りとなっている国だから尚の事でしょうか。
季節を感じるのは、食においても同じです。しかしながら、冷凍技術が発達した今では旬を感じにくくなり、その物に対する思いも弱くなりつつあります。
ご家庭の食卓において少しでも季節を感じていただけたらと思います。それもまた食育delicious
さよりのお刺身が食べたくなってきました。

 

 

3月11日

2016312142719.jpg

2016年3月12日(土)

昨日は3月11日、写真は仕事を終えて愛犬と散歩をした時の写真です。風は冷たいものの穏やかな一日でした。
震災から5年、あの日も同じ様に午後から昆布巻を巻いていたっけ。お天気も同じ様に穏やかだったのを覚えています。忘れてはいけない日です。

今日からまた頑張ろうnote

 

 

なまこの加工

20162312747.JPG

2016年2月3日(水)

今日は節分、明日は立春。とは言え2月は寒さの厳しい月です。
2月に入り、厳冬期の【能登産なまこ】の加工が始りました。知らない方もおいでると思いますが、なまこの原態がこの写真です。これを、自社では一つずつ洗い、手切りしています。
すべてがコラーゲンsign01切るのもなかなかです。
さてさて、今年も美味しいなまこをお届けできますようにnote



 

 

新年のご挨拶

201618162750.jpg

2016年1月8日(金)

松の内も過ぎてですが、明けましておめでとうございます。
昨年中はお世話になり、ありがとうございました。

写真は義妹作のおせちです。弊社の【棒だら】・【鯛の子風味】・【くるみ煮】・【昆布巻】も入って、ハレの食卓を飾ってくれたようです。
皆さんのお宅でもそんなお正月を迎えていただけたと思うと、感謝感激です。lovely

また2016年もよろしくお願い致します。 

 

年賀状

20151228195427.JPG

2015年12月28日(月)

今年も残すところあとわずか。弊社の今年の製造もほぼ終了です。
沢山の棒だらを納品させて頂きました。ありがとうございます。
また、昨年お買い上げいただき、賀状までいただいた方がら、先日ご注文がありました。(素敵な賀状だったので机に挟んでおりましたshine
ハレの日、お正月の食卓に今年も吉本の棒だらが並ぶのかなheart04と思うとうれしくなります。

良いお年をお迎えください。

 

おせち

2015926121619.jpg

2015年9月26日(土)

シルバーウィークも終わり、弊社ではおせち商材製造の本稼働です。写真は定番の【棒だら煮】。
出荷までしっかりエージングしていきます。

話は変わって、「秋渇き・あきがわき」という言葉の意味を先日知りました。夏バテした人達が秋に食欲を回復し何でもおいしく食べられるようになる事だそうです。
食欲の秋、スポーツの秋ですね。秋の味覚を十分堪能して、元気にお過ごし下さい。happy01

 

旬をいただく

2015826191016.JPG

2015年8月26日(水)

台風15号の影響もなくひと安心。
写真は8月15日にいただいた鮎の塩焼きです。我が家では25年前より6月の鮎の解禁にあわせ、父の日は鮎の日となっております。
その日に食せなかった息子が帰省で、どうしても食べたいとお盆にいつものお店に行ってきました。
一尾一尾、はらわたの味が違い、それがまた面白い。ハフハフしながら、頭から尻尾まで全部をいただき、何尾食べたか分らない。
今年も美味しく沢山の命をいただきました。
お盆も過ぎて、夜風が涼しいと感じる今日この頃。さんまが食べたくなり、昨夜の夕食はさんまの塩焼きでしたdelicious

 

味覚?

20157415249.JPG

2015年7月4日(土)

梅雨のじめじめした日が続きますrain一週間お疲れさまでした。
毎年暑中お見舞いを頂くように、この時期になると友人からご実家のトマトを頂きます。見るとすぐに思い出しますこの味sign01

人間の味覚と脳の関係は素晴らしいと何時も思います。いつでも色んな物の味をそれもその物の一番おいしかった味を思い出せるから・・。
なぜだろう?
そんな味覚は10歳までほぼ養われると言われています。子供達には愛情たっぷりの家ご飯、お弁当で大きくなってもらいたいものですねhappy01